鏡見美人・夏の朝_葛飾北斎

これは、
葛飾北斎が40歳代後半から
50歳代前半の間で描かれた作品です。

鏡見美人・夏の朝_葛飾北斎
(1804〜13年作)

この絵のタイトルは、
「鏡見美人」とも
「夏の朝」とも言われています。

 

(向かって)画面の左下
鏡見美人・夏の朝_葛飾北斎
白磁の金魚鉢には、
涼しげに泳いでいる赤い金魚。

 

そして右下には

黒漆に金蒔絵で桐の葉が描かれている柄鏡の上蓋
その上に染付の鉢に水を入れ朝顔を浮かべています。
朝顔の花は、
夏は朝早くに咲きますので夏の早朝だとわかります。
さらに
鉢のそばには、
うがい茶碗と房楊子(歯みがきの道具)が
置いてあります。


絵の全体を見直してみましょう。

釣り衣桁(いこう)には
男の着物が掛かっています。

男性より早く起きた女性が
身づくろいをしているんですね。

二の腕や裾に見える下着も慌てて着た感じや、
髪を整えるしぐさ、
鏡に顔の全貌を映して見せるとこなんか
生々しい色気を感じますね。


特に素晴らしいのが
着物と帯の表現です。
着物は流れるような綺麗な曲線
一方、帯はザクザクとした荒っぽい直線
着物と帯の柄もよく、
しかも洋画のような陰影的質感もいいですね。

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事