仏教とは、ブッダ、大乗仏教など

仏教とは

ブッダの説いた教え
であるとともに
ブッダになることを教える宗教である。

この文だけでは、
ちょっとわかりずらいですよね。

そもそも
何故、教えが2つ存在しているのでしょうか?

そして、ブッダとは誰でしょうか?
さらに、ブッダが説いた教えとは?
そのうえ、もうひとつの
ブッダになることを教えるとはどういうことでしょうか?

これからそれを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 ブッダとは誰?

ブッダとは

「目覚めた人」「悟った人」
「真理を体得した者」
です。

ちなみに
ほとけ」は、仏陀ブッダの略語で、

如来にょらい」は、
真如しんにょ(真理)から来た者、真理から生まれたもの」
という意味で、これもブッダのことです。

つまり、ブッダ=「釈迦」自身だけというわけではないんです。
ブッダは、他に何人もいます。

 

大乗仏教だいじょうぶっきょうでは、
真理を得たさまざまな仏(如来)
がいます。

唐代(8世紀頃)の僧
智昇ちしょうが書いた『集諸経礼懴儀しゅうしょきょうらいさんぎ
には、ブッダ(仏)は
十方十仏・過去七仏・五十三仏・
賢劫千仏・三十五仏・
十方無量一切仏など
あらゆるブッダ(仏・如来)がいます。

ブッダについて詳しく知りたいの方はこちらを御覧ください。

では、
お釈迦様とは、いったい誰だったのでしょうか?

お釈迦様(略して『釈迦』)は誰?

本名はゴータマ・シッダールタ
仏教とは、その教えとは、特徴など・・
シャーキャ族
釈迦族)の王子です。
ゴータマは姓、シッダールタは名です。

お釈迦様とは、彼が出家して、悟りを開き、
聖人になったことで呼ばれた敬称です。
また、彼がバラモンの苦行者くぎょうしゃであったときには、
シャーキャムニ釈迦牟尼しゃかむに)=釈迦族の聖者と呼ばれ、
成道じょうどうさとりを開いた後)ゴータマ・ブッダ
シャーキャムニ・ブッダ釈迦牟尼世尊せそん釈尊しゃくそん)
などと呼ばれていました。

釈迦(仏教)物語

 

スポンサーリンク

 “ブッダが説いた教え”とは

これを説いたブッダは、
ゴータマ・ブッダお釈迦様のことです。
つまり、
“お釈迦様が説いた教え”ということで、
釈迦の仏教(原始仏教)』を指します。

救いのり所は自分自身です。
きびしい修行(自己鍛錬)をとおして煩悩ぼんのう(欲)を消し去り
安らぎの境地涅槃ねはん=ニルバーナ)に到達し
そこから人間として生きる道
(真実の理法=ダルマ)を明らかにするものです。

ダルマとは、事物を理解し実践するための規範(教え)です。

お釈迦様の教えを聞いた人々は、
お釈迦様のもとで修行をした方が、よりすぐれた境地にいたると思い
世俗の生活(財産や家族)をいっさい捨てて
仏道生活にはいりました。
これを出家しゅっけといいます。

しかし、出家しゅっけしたものが到達する境地は阿羅漢あらかん
お釈迦様のような「ブッダ」になるわけではありません。

 

スポンサーリンク

“ブッダになることを教える”とは

これは大乗仏教だいじょうぶっきょうのことです。

つまり仏教には、
まず「釈迦の仏教」
大乗仏教だいじょうぶっきょう
大きな2つの教えがあるのです。
何故、2つあるのかは次の項目に書いてあります。

大乗仏教だいじょうぶっきょうの世界では、
ブッダが何人も存在しています。
ブッダは限りない知恵と慈悲とをもって、
いっさいの人々を救おうとする絶対者です。

お釈迦様も「大乗仏教」では
過去にブッダと出会い
「あなたのように、私もなりたいので修行します」
と誓い誓願せいがんを立てて
菩薩ぼさつ仏陀ブッダを目指す修行者となり
何度も生まれ変わって(輪廻を繰り返し)
ブッダになりました。

また、大乗仏教だいじょうぶっきょうではお釈迦様やその弟子達のように出家しゅっけをしなくても
在家ざいけのままでブッダへの道を歩むことが出来ます。
在家ざいけとは、普通の生活をしながら仏道に帰依きえする人のことです。

帰依きえとは、神仏を信じてその力にすがること。

つまり、「三宝さんぼう帰依きえする」ことで、あなたもブッダになれるのです。
三宝さんぼう」については、次の項目で説明します。

それでは、”ブッダになるための教え”とは
なんでしょう?

それは、大乗仏教だいじょうぶっきょう経典きょうてんで伝えられているんです。
仏教とは、その教えとは、特徴など・・

また経典きょうてん、つまりお経は各宗派によって、
それぞれ違います。

そして各宗派によって
ブッダになれる時期や到達するための手段
さらに、ブッダ(仏)も違ってくるのです。

 

つまり、“ブッダになることを教える”
ことを受けるには
大乗仏教だいじょうぶっきょうの中に、いくつもの宗派があり、
その中から自分にあう宗派を選ぶ必要があるということになります。

 

何故、違う2つの教えがあるのか?

何故、仏教には2つの違う教えがあるのか?

そして、何故、ブッダは釈迦だけでなく何人もいるのか?

それは、お釈迦様が生きていた時代の教えと
亡くなった後、弟子たちと時代によって変化した教えで違ってしまったのです。

1 教団の分裂

お釈迦様が亡くなって、約100年後のことです。

インドは経済発展期で、国は充実していました。
そして、僧たちも王侯貴族や大商人の信者から豊富な布施ふせを受け、生活は安定していました。

僧らは、次第に在家ざいけ信者への教導をおこたるようになり、僧院に閉じこもり、
自己のさとりを得るための修行や、
仏教理論の構築に没頭してしまいました。
このような時代が長く続きました。

 

やがて、そんな保守的な彼らに不服とする僧たちが集まって大衆部だいしゅぶを結成します。
教団は保守的な上座部じょうざぶ大衆部だいしゅぶに分裂することになりました。
これを根本分裂こんぽんぶんれつといいます。
そして分裂はその後も繰り返し、やがて衆生しゅじょう救済を目的とした大乗仏教だいじょうぶっきょうが成立しました。

衆生しゅじょうとは、生命のあるすべてのものです。

2(上座部)小乗仏教と大乗仏教の違い

まず、仏教には
自利じり利他りた
という考え方があります。

自利じりとは、自分だけの利益。

利他りたとは、他人に利益を与えること。自分の事よりも他人の幸福を願うことです。

 

上座部じょうざぶ小乗仏教しょうじょうぶっきょうでは、
出家してお釈迦様の教えを忠実に守って修行し、自己の煩悩を断ち、
解脱げだつを得て阿羅漢あらかん」となることを目的とします。

しかし、そこには他人を救済するという
利他りたの思想はありません。

しかも、
自らブッダになろうとは考えていないのです。

これに対して、
大乗仏教だいじょうぶっきょうでは他者を
済度さいど(迷い苦しんでいる人間をすくって=済、悟りの彼岸ひがんにわたす=度)
する利他りたの修行があって、
はじめて自分のさと自利じりがあるとします。

そして、自分自身も菩薩ぼさつ(悟りを開く前のブッダ)となり、
他者をもブッダの位に導くことを理想としました。

ここから、弥勒菩薩みろくぼさつ観音菩薩かんのんぼさつなどさまざまな菩薩ぼさつが生まれて信仰しんこうを集め、
ブッダ(仏)の教えを普遍ふへん的な真理としたことによって、多数の仏が存在すると考えるようになったのです。

 

3 三宝帰依

三宝さんぽう」とは、仏教の基本で「仏・法・僧ぶっぽうそう」と呼ばれる3つの宝物を指します。

お釈迦様の時代大乗仏教だいじょうぶっきょうでは、
この「三宝さんぽう」もまったく違う内容になっています。

お釈迦様が生きていたときは、
真理に目覚め「仏陀ブッダ」となった
ゴータマ・ブッダお釈迦様)自身が「仏」です。
そしてゴータマ・ブッダ(お釈迦様)が
説いた教えが「法」
お釈迦様の教えを学ぶ、
出家僧の集団(僧伽サンガ)が「僧」です。

ここでは、
ブッダ(お釈迦様)が説いた教えの
「法」が、もっとも重要とされています。
これが仏教は「ブッダの説いた教えの方になるのです。
仏教とは、その教えとは、特徴など・・

一方、大乗仏教だいじょうぶっきょうでは、

大乗仏教だいじょうぶっきょうが生み出した諸仏しょぶつ(もろもろの仏)で、
人々を救済する仏・如来(ブッダ)が
「仏」になります。
そして、高僧が瞑想体験によって、
その諸仏しょぶつの教えを伝授し、
仏教とは、その教えとは、特徴など・・
それを集大成にした経典きょうてんのことを
「法」
その経典に書いてある
「仏(ブッダ)になることを教える」のが
「僧」なのです。
大乗仏教では、
崇拝される「仏」が重要とされています。

仏教とは、その教えとは、特徴など・・

日本の仏教は、「大乗仏教」

現在、日本の仏教宗派しゅうは13宗です。
なぜ、日本にはいくつもの仏教宗派があるのでしょう?

それは、日本人が大陸から伝来した仏教を、
そのまま日本人の思想にしたわけではないからです。

そこには、日本人の個性的な考え方や、
独自の理解が形成され、それを生かしたからなのです。

しかし、そもそも
何故、日本人は仏教が必要だったのでしょうか?

その答えは、歴史の中にあります。
これから、紐解いて見てみましょう!
キッカケは、
朝鮮から贈られてきた仏像一体から
はじまります。

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事