Ji sect _ Ippen, who sings Nembutsu while dancing

一遍が念仏を唱えながら全国各地を
布教のために遊行(ゆぎょう)して
歩いたところから
遊行宗(ゆぎょうしゅう)”とも呼ばれている。

浄土宗西山(せいざん)派
一遍いっぺん(1239~1289)

十歳で出家
法然の孫弟子・
聖達(しょうたつ)の弟子となり
約10年の修行をした。

この期間
“浄土教”を学ぶ。

 

その後、
地元の窪寺で約3年間、修行を重ね
そこでさとりを開いたという。

そのさとりは

阿弥陀仏のさとりと
衆生(しゅじょう)の救済とは
同時のものであって、
これを可能にするのは
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」の名号みょうごうである

であった。

それから、一遍(いっぺん)は
難波(大阪)の天王寺、高野山と歴訪とつづけながら、
衆生(しゅじょう)に念仏を説きすすめてまわった。

時宗_その踊り念仏の一遍とは

一遍(いっぺん)が

「捨聖(すてひじり)」また
「遊行上人(ゆぎょうしょうにん)」
と呼ばれたのは
衣・食・住と故郷、家族をすべて捨てて
1ヶ所に留まらず遊行生活を送っていたからである。

 

しかし、一遍(いっぺん)にも迷いがあった

人々に救済の道として念仏を教えても
それが拒否された場合に、どうしたらよいか である

そこで、熊野神くまののかみに教えを乞うたところ

時宗_その踊り念仏の一遍とは

「信不信、浄不浄を問わず、ただ教えをひろめよ」
と答えられた。

一遍(いっぺん)は、
小さな紙に
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ(決定往生六十万人)」
と記した念仏の
名号札(みょうごうふだ)”
を配りながら歩く
賦算(ふさん)”を始めた。

時宗_その踊り念仏の一遍とは

四国・九州・・・・と遊行していくうちに
一遍(いっぺん)を慕う人々が
あとにぞろぞろつづくようになり、
“踊り念仏”まで現れて、
一遍(いっぺん)の独特の布教スタイルが完成した。

“踊り念仏”とは

鉦(かね)や太鼓などを打ち鳴らし、
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」を唱えながら踊るというもので、
人々は法悦ほうえつ状態に導かれたそうだ。
これを「盆踊り」のルーツと見る人もいた。


一遍(いっぺん)の独特の布教スタイルは
爆発的な人気になり
四条京極の釈迦堂に赴いた際は、
あまりの群衆に身動き出来ない状態だったと
伝えられている。

さらに一遍(いっぺん)は遊行を続け
神戸市兵庫区にある観音堂(後の真光寺)で亡くなった
51歳だった。辞世の句は、

「一代聖教みなつきて、南無阿弥陀仏になりはてぬ」

死因は過酷な遊行による過労、栄養失調という説がある。

 本尊

阿弥陀仏あみだぶつ

時宗_その踊り念仏の一遍とは

ただし、一遍は、
それを身近に具体化したものとして、
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」という
名号(みょうごう)を本尊とする
と信徒には教えている。

 経典

「浄土三部経」
『無量寿経(むりょうじゅきょう)』
『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』
『阿弥陀

とくに『阿弥陀経』が中心

 教え

一遍の思想は、
浄土真宗の親鸞(しんらん)の

衆生(しゅじょう)が阿弥陀如仏を信じたときに救われる(浄土で往生おうじょうできる)

という考えをさらに一歩すすめたもので、

信仰の有無にかかわらず、南無阿弥陀仏という名号(みょうごう)をとなえれば、阿弥陀仏が衆生(しゅじょう)を救ってくれる【浄土で往生できる】

とするもの。

この他力念仏をすべての人びとにすすめ、
もろともに浄土の往生を願った一遍は、
生涯を通じて
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ(決定往生六十万人)」
と記した念仏の
名号札(みょうごうふだ)”を配りながら、
全国を遊行して歩いた。
信徒もともに集団をつくってそれに従ったという。

この信徒を「時宗(じしゅう)」と呼ばれるようになった。

踊り念仏

空也(くうや)が、

時宗_その踊り念仏の一遍とは

鉢をたたきながら「南無阿弥陀仏」をとなえ、人々に念仏をすすめたのが起源。

これを一遍が受け継いだ。
以後、踊りを主体とする
「念仏踊り」へと変質していった。

 総本山

清浄光寺しょうじょうこうじ

時宗_その踊り念仏の一遍とは

遊行(ゆぎょう)上人第四代呑海どんかいが寺院を創立
俗に“遊行寺(ゆぎょうじ)”とも呼ばれる。

神奈川県藤沢市西富1丁目8−1

http://www.toshodaiji.jp/

無量光寺むりょうこうじ

一遍の弟子の中で、特にすぐれた弟子で
二代遊行となった真教しんきょうが、一遍の死後
16年にわたる遊行ののちに建立した寺。

神奈川県相模原市南区当麻578

http://www.muryoukouji.or.jp/

金蓮寺こんれんじ
二代真教しんきょうの弟子・浄阿真親じょうあしんかんが寺院を創立
歴代皇室の帰依が厚く、旧四条派の本山
京都府京都市北区鷹峯藤林町1−5

日輪寺にちりんじ
二代真教しんきょうの開山。
江戸時代には
時宗触頭(ふれがしら)として、
幕府との交渉に当たっていた。

また、歴代の住職は
幕府の連歌(れんが)衆もつとめている。
東京都台東区西浅草3丁目15−6

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事