華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

華厳経けごんぎょう

それは、
仏になったお釈迦様が
さとったままの言葉で
人々に最初に説かれたもの。

その内容は
衆生(しゅじょう)には
まったく理解しがたいもので
難解なお経といわれてきた。

しかし、
この『華厳経けごんぎょう』を
中央集権的な思想として活かした人がいた。

聖武天皇しょうむてんのうである。

それは、
全国に国分寺を建て
地方を統括する総国分寺として
東大寺を建て、そこに
「光明 遍く照らず仏」
宇宙の本源・真理
そのものであるとし、
すべての衆生をさとりに導く仏である

毘盧舎那仏びるしゃなぶつ
を安置し
『華厳経』の世界観を見事に表したのである。

この時、
その中心人物として
聖武天皇しょうむてんのうをたすけて
東大寺の大仏および大仏殿を完成させた僧がいる

彼の名は
良弁(ろうべん)
それは、運命に導かれた生き方だった。

中国の唐代の僧
杜順(とじゅん)
(557~640)

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

第2祖は智儼(ちごん)
(602年-668年)、

第3祖は法蔵(ほうぞう)
(643年-712年)、

第4祖は澄観(ちょうかん)
(738年-839年)、

第5祖は圭峰宗密(けいほうしゅうみつ)
(780年-839年)
と相承されている。

この中国の五祖の前に、
2世紀頃のインドの

馬鳴めみょう  Aśvaghoṣa

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

龍樹りゅうじゅ नागार्जुन

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

を加えて七祖とすることもある。

また(朝鮮半島)新羅しらぎにも伝わり、
義湘(ウィサン)によって広められる。

 伝来

736年

中国の唐代の僧・
道璿(どうせん)が
華厳経関係の書物を日本に伝える

740年
新羅しらぎ(朝鮮半島南東部)の僧
審祥(しんしょう)が

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り
審祥

奈良の金鐘こんしょう道場(東大寺三月堂)で華厳経を講じた。

このことで、日本の華厳宗では、
審祥(しんしょう)が始祖(しそ)としている

 第二祖・宗祖

良弁(ろうべん)
(689-773)

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

良弁(ろうべん)がまだ2才だった頃、

鷲にさらわれ、奈良の大きな杉の木に置かれた。

その杉の木は東大寺の境内にあり
たまたま 良弁ろうべん
見つけた義淵(ぎえん)が助け出し
育てることにした。

義淵

そして

興福寺(こうふくじ)で法相宗を学ぶ

良弁(ろうべん)は一を聞いて十を知る
頭脳明晰で、人徳も高く
多くの人の尊敬を集めていた。

732年  良弁ろうべんが44歳のとき
金鐘寺(こんしゅうじ)の住職になる。

740年
新羅(しらぎ)僧・審祥(しんしょう)が、
良弁(ろうべん)
『華厳経』の奥義を伝授させる。


聖武天皇しょうむてんのうが、

仏法によって
天変地異や内乱などから
国家および天皇を護(まも)り、
社会を安定させたいと願いを込めて
毘盧舎那仏びるしゃなぶつ像の造立を発願したときも
その中心人物として
聖武天皇しょうむてんのうをたすけて
東大寺の大仏および大仏殿を完成させた


初代の別当(べつとう)になる
親王家しんのうけ摂関家せっかんけ・社寺などの特別な機関に置かれた長官)

聖武天皇しょうむてんのうの看病禅師のすぐれた働きによって
大僧都に任じられ、南都仏教界のトップとして
僧侶の「四位十三階の制」を定めるなど、
大いに力を発揮した。

85歳で大往生。

 本尊

. 毘盧舎那仏びるしゃなぶつ

毘盧舎那びるしゃな”は、
サンクリット語の
ヴャイローチャナの音号で
太陽を意味する

「光明 遍く照らず仏」

宇宙の本源・真理
そのものであるとし、
すべての衆生をさとりに導く仏である

毘盧舎那仏びるしゃなぶつは『華厳経』によれば、
蓮華蔵世界れんげぞうせかいの仏とされる。


華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

なので、
東大寺の大仏“毘盧舎那仏びるしゃなぶつ”は、蓮華台上に坐し、

蓮華蔵世界

その蓮弁には、蓮華蔵世界れんげぞうせかいが毛彫りで表わされている。

 教え

大方広仏華厳経だいほうこうぶつけごんきょう
を最高の経典にしている。

大方広の仏、
つまり時間と空間を超えた仏を説いたもの

微塵みじんきわめて小さいものの意味)のなかに全世界が反映し、
一瞬のうちに永遠の時間が含まれている

と説き、

一の中に他の一切を包含(ほうがん)すると同時に、その一は他の一切の中に入る

という
無尽縁起(むじんえんぎ)
を根本理想とする

縁起(えんぎ)とは、
あらゆるもの(一切)はえん(条件)に
よって起こるということで、
宇宙の万物は無限に関係し合って、
持ちつ持たれつ生存し、存在していることである

この無尽縁起むじんえんぎを拠り所に、
光明皇后こうみょうこうごうは、

華厳宗_聖武天皇と光明皇后の平和の祈り

貧民や病人を救う
悲田院(ひでんいん)や
施薬院(せやくいん)を建てた。

華厳では仏の立場になって見るので、
最初から仏の立場に自分を置いて考え、
行動することを求めるのが華厳思想である。

天台宗の
「教相判釈(きょうそうはんじゃく)」
「五時八教(ごじはっきょう)」
の教判では、
華厳経は最初に説かれ、
仏のさとったままの言葉を記したもので、
衆生(しゅじょう)には
理解しがたいものとしている。

 総本山

東大寺(奈良市)

745年
聖武天皇しょうむてんのうによって創建

総国分寺そうこくぶんじとして
金光明四天王護国之寺こんこうみょうしてんのうごこくのてら
と呼ばれている。

1180年
平重衡(たいらのしげひら)の
焼き打ちにあい、大部分が焼失。
現在のは立て直したもの。

毘盧舎那仏(大仏)、金堂、法華堂
金剛力士像など国宝が多数ある。
なかでも、正倉院の宝物は、
8世紀にシルクロードとの交渉を示す
貴重な資料がある。

奈良県奈良市雑司町406−1
http://www.todaiji.or.jp/

    新しい記事はありません

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事