西洋絵画論

1746年の放免令_ジョン・エヴァレット・ミレイ

この絵の説明は こう書いてあります。 1746年の カロデンの戦いで 捕らえられた ジャコバイトが、 家族と再会する場面を 描いていると。。。 さて そう書かれていても 見ている私には さっぱり解りません そもそ...
西洋絵画論

オフィーリア_ジョン・エバレット・ミレイ

かなりショックな絵です。 女性が浅瀬の中で 溺死しているのです。 こんな怖い絵は いったい 何を意味しているのでしょう。 この絵の題材は シェイクスピアの 戯曲『ハムレット』です。 その内容は ハ...
西洋絵画論

ラファエル前派とは

ラファエル前派ぜんぱ(PRB)とは 本来「ラファエル前派兄弟団」 (Pre-Raphaelite Brotherhood)という。 「ラファエル前」の、 ラファエルとは あのルネッサンスの巨匠! ラファエロのことを指し ...
スポンサーリンク
西洋絵画論

盲目の少女_ジョン・エバレット・ミレイ

ここに2人の少女がいます。 1人は、盲目の少女 もう1人は普通の少女 この作品には こう言われています。 盲目の少女は、 視覚以外の感覚が 健全であることを示している。 と はたして、 それだけの作品...
西洋絵画論

マリアナ_ジョン・エヴァレット・ミレイ

ある女性が背伸びをしています。 ただそれだけの絵しか見えません。 しかし、 この絵は深い哀しみがあるのです。 1851年、 イギリスのロイヤル・アカデミーで 最初にこの作品が展示されたときには アルフレッド・テニソンの...
西洋絵画論

両親の家のキリスト_ジョン・ミレイ

1850年、 イギリスのロイヤル・アカデミーで 物議を交わした問題作が この絵です。 大工であるヨセフの工房に、 妻マリアとその子キリストがいます。 キリストは 左手を上げる祝福のポーズを取っており、 そ...
西洋絵画論

花嫁の付き添い_ジョン・エヴァレット・ミレイ

この絵は、 ビクトリア朝の伝統の 1つを示しています。 ビクトリア朝時代の人々は、 花嫁の付き添いが、 習慣にならい、 指輪にウェディング・ケーキ のかけらを9回通して 未来の恋人が現れるという 迷信を描いたものです。...
西洋絵画論

ジョン・エヴァレット・ミレイ

(1829-1896) 1829年 イングランドのサザンプトンに生まれる。 幼いころから優れた画才を示し、 彼の才能を確信した両親は、 画家になる機会を与えるため、 ロンドンへ転居した。 11歳で ロイヤル・アカデミ...
西洋絵画論

ロレンツォとイザベラ_ジョン・ミレイ

ある食事の風景です。 しかし、 じっくりと見てみると奇妙です。 画面手前の足を延ばした男性と 犬を撫でている女性は テーブルからはずれて座っています。 そして、 その女性に食事を渡す男性? これは一体何を表しているの...
北中米・南米・カリブ海映画

チェ・ゲバラ、それを知る3つの映画を見てみた

キューバ革命の英雄❗ チェ・ゲバラ チェ・ゲバラとは、 どういう人物なのでしょうか? 彼の本名は、 エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ 1928年6月14日 アルゼンチンで生まれま...
スポンサーリンク